神戸でおすすめのマッチングアプリはこちら

マッチングアプリのメッセージ頻度はどれぐらい?1日1往復がよい理由

  • URLをコピーしました!

マッチングアプリでメッセージをやりとりする頻度は何回が適正なのか悩んでいませんか?

送りすぎてウザがられていないかとか他の人はどれぐらいやり取りしているのかモヤモヤしますが、メッセージ頻度に正解はありません。

とはいうものの、1日1往復ぐらいから始めて徐々に頻度を上げていく人がのが効率的ですね。

ずっと同じペースでやりとりしてても会えませんよ!

そこで今回は、マッチングアプリのメッセージ頻度はどれぐらいがよいのか、最初は1日1往復が良い理由等を紹介します。

マッチングアプリは徐々に信頼を築いていけば割と簡単に会えるツールなので、メッセージが続かないという人は参考にしてください。

目次

マッチングアプリのメッセージ頻度に正解はある?

一度でも会った人とメッセージをやりとりするのと違い、マッチングアプリはメッセージだけで信頼を築いていかなければならないのが難しいところ。

相手の生活様式さえ分からない状態でマッチングするので、どれぐらいの頻度でやり取りすれば上手くいくのか悩むのは当然のことなのです。

まずは、メッセージは1日何往復すべきなのか送るベストなタイミングなどを紹介します。

相手に合わせる

自己紹介文やプロフィール写真を工夫して異性と無事マッチングできたら、いよいよメッセージのやりとり開始ですね。

あれもこれも聞きたいという衝動に駆られますが、信頼関係を築けていないうちに質問攻めにするとブロックされるのは目に見えています

見ず知らずの異性から矢継ぎ早に質問されると、あんた刑事かよってなりますよね?

だからと言って、メッセージを送らなければ仲が深まらないので、まずは相手の返信スピードに合わせてやりとりを始めるのがコツ!

マッチングアプリのような相手が見えないネットでの出会いはお互いを思いやることが大切。

あなたが普通と思う返信スピードでも相手は疲れているかもしれないという想像力を働かせながら、まずは相手の返信スピードに合わせることを覚えてください。

頻度は1日1往復以上

相手の返信スピードがだいたい把握できたら、1日1往復からメッセージのやりとりを始めると負担にならず続きやすいですね。

メッセージのやりとりは最低でも1日3回と指南しているサイトがありますが、最初から3往復するとお互い負担になるばかりではなく、メッセージ数を減らせなくなります。

1日何往復もしていたやりとりが徐々に減っていくと、相手は自分への興味が薄れたのではないかという錯覚に陥るので、一気にやりとりを増やすのではなく徐々に増やしていくのが正解。

話のネタが尽きるのも意外に早いですからね。

タイミングは夕方か夕食後

相手の顔が見えないだけに、マッチングアプリのメッセージ送受信は真剣にならざるを得ませんよね?

真剣に思う相手だからこそ時間がかかるので、メッセージを送るタイミングは退社時間か夕食後がベスト

あなたと同じくマッチングアプリをやっている人のほとんどが会社員。

想像力を働かせれば分かることですが、6時~9時頃の出勤時間帯はバタバタしてそうなので避けるべき。

メッセージを送るベストタイミング
  • 退社時間…17時~19時頃
  • 夕食後…21時~23時ごろ
  • 昼休み中…12時~13時頃

メッセージを重ねていくうちに相手の生活スタイルが分かっていきますが、夜勤などのシフト勤務をしているならプロフィールにひとこと書いておくことをおすすめします。

マッチングアプリのメッセージ頻度が高い人の特徴

相手とメッセージのやり取りを続ける中で、徐々に頻度を上げても返信してくれるなら脈ありと考えてよいでしょう。

マッチングアプリで比較的メッセージ頻度が高い人の特徴を紹介します。

真剣に恋活している人

真剣にパートナーを探している人はメッセージ頻度が高い傾向にあります。

相性の会う異性が現れれば1日でも早く会いたいと思っているので、あなたがメッセージの頻度を上げてもついてきてくれます。

性格的に真面目な人

性格的に真面目な人もレスポンスが高い傾向にあります。

ただし、本当にあなたに興味を持ってくれているかどうかはメッセージのやり取りで判断しなければならないので、注意が必要ですね。

ただ単にさみしいだけの人

単にさみしいだけの人もメッセージ頻度は高い傾向にあります。

彼氏にふられた寂しさからマッチングアプリに登録しているこの手の人は非常に厄介です。

複数の異性からメッセージをもらって満足しているだけの人もいるので、メッセージ頻度が高くてしんどいなら返信を遅らせてみるのもあり。

マッチングアプリのメッセージ頻度が低い人の特徴

続いて、マッチングアプリでメッセージ頻度が低い人の特徴を紹介します。

複数の異性とやりとりしている人

マッチングアプリは複数の人と同時にマッチすることがあたりまえなので、メッセージ頻度が低い女性は同時進行で複数人とやりとりしている可能性が考えられます

あなたは単なる候補者のひとりかもしれないので、あの手この手で1番になる必要がなりません。

悠長に考えていると、他の人と先に意気投合されてブロックされることも珍しくありません

せっかく共通の話題で盛り上がっていたのに突然ブロックされるのは、マッチングアプリをやってて一番つらいです。

ゆっくり恋活したい人

理想の相手が見つかったらいいなぐらいで、ゆっくり恋活・婚活している人は特に急がないのでメッセージ頻度は低め。

社会人サークルや習い事のような出会いに重きを置いている人は、すぐに結果を求めていないので返信は遅いのです。

単に仕事が忙しい人

単に仕事が忙しい人もメッセージ頻度は低めですね。

男女問わず、出張や会議が多い人、残業するのが文化の職場にお勤めの人などが該当します。

夜勤・シフト勤務の人

夜勤やシフト勤務がある人もメッセージ頻度は低いですね。

私も何度か看護士やホテル勤務の人とやり取りしましたが、生活スタイルがまるで違いお互いメッセージのやり取りが少なくなってヤキモキしました。

夜勤・シフト勤務がある職業
  • 看護士
  • 介護士
  • 工場勤務者
  • ホテル勤務者
  • 警察官や消防官

仲良くなってから、実は私看護士でしたとなった段階でホッとしたのを覚えています。

少しぐらい返信が遅くても、自分とは生活スタイルが違うのではないかと想像力を働かせれば、イライラすることもありませんよ♪

マッチングアプリのメッセージ頻度に関する注意点

マッチングアプリのメッセージ頻度に関する注意点を紹介します。

お互い負担にならない頻度を心がける

まずはお互い負担にならない頻度を心がけること。

早く会うため、ライバルに負けたくないから多くメッセージのやりとりをしたいと考えますが、ネタや文章を考えるのは意外と時間がかかります

相手のことを思いやればこそ、平日は1往復で我慢して休日に2~3往復など工夫できるはず。

言うまでもありませんが、非常識な時間帯のメッセージ送信や即スレは、相手にプレッシャーを与えてしまう可能性があるのでやめておきましょう!

返信が来ないという理由で催促しない

盛り上がっていたメッセージの頻度が鈍くなったり、突然途切れたりすると何か気に障ることを言ったのではないか?嫌われたのではないかと疑心暗鬼に陥りますよね。

私もよくやってしまいますが、相手からメッセージが来ないといって絶対に催促してはいけません

悪気はなくても、束縛気質があるとかせっかちな人と思われます。

複数人とメッセージのやり取りをしていたり、単に仕事が忙しいとかシフト勤務している人なのかもしれません

相手のことを思いやって一方通行にならないよう待ちの姿勢を見せれば、何らかのレスポンスはあるはず。

メッセージはすぐ返信する

初回メッセージはもちろんのこと、メッセージは1日以内に返信するのがマッチングアプリのマナー。

私もタイミングを逃して1日2日放置してしまうことがありますが、気づいた段階でどういう文面で返すべきか考え始めるぐらいがベスト

毎回、返信が遅れましたと付け加えるのもカッコ悪いですしね。

あえて返信を遅くして相手の気を引くテクニックは有名ですが、正直マッチングアプリの世界では使えません。

1度も会ったことがない相手でも、返信が遅れたり滞ったりすると心配になるものです。

相手の気持ちを考えれば駆け引きはするもんじゃありませんね?

マッチングアプリのメッセージ頻度まとめ

最後に要点をまとめておきます。

まとめ
  • メッセージ頻度は相手に合わせるのがベスト
  • メッセージ頻度が高い人ほど真剣に恋活している
  • 返信がこないからという理由で絶対に催促しない

【関連記事】
神戸のマッチングアプリ
神戸の出会い場

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

神戸の遊び場を紹介する生まれも育ちも神戸の神戸っ子。兵庫区で生まれ垂水区で育ちました。

出会いがなく、結婚相談所やマッチングアプリや街コンなどいろいろ試したので情報を共有します。

釣り・アウトドア全般、立ち飲み屋巡りが趣味なので、地元の魅力をあわせて発信していきます。

目次