神戸でおすすめのマッチングアプリはこちら

オリエンタルラウンジ神戸の口コミ/相席ラウンジで出会えるか解説

オリエンタルラウンジ神戸の口コミ
  • URLをコピーしました!

オリエンタルラウンジは相席居酒屋の上位版という位置づけですが、コスパ的にみてどうなのでしょうか?

ご飯がおいしいとか楽しかったという高評価が多いですが、一方で最悪だった二度と行かないという悪評が多いのも確か。

タダ飯目的の女子ばかりという悪い口コミは実際どうなのか調べてみました。

目次

オリエンタルラウンジ神戸まとめ

最初に要点をまとめます。

オリエンタルラウンジ神戸まとめ
  • 1時間の相席で3,550円~5,050円
  • 上質な出会いをプロデュース
  • 専任シェフによる料理が楽しめる
オリエンタルラウンジがおすすめな人
  • 22歳~39歳までの男性
  • 相席居酒屋で満足できない人
  • ふと異性と飲みたくなった人
料金
安い
1
2
3
4
5
高い
年齢
20代
30代
40代
50代
60代~
男女比
女性
男性
用途
友活向け
恋活向け

この記事を読めば、オリエンタルラウンジ神戸の特徴や効率的な使い方・注意点が分かります。

ちょっとしたコツを身に付けて一緒に楽しめる恋人を見つけてくださいね。

今すぐオリエンタルラウンジ神戸の口コミを見るならこちら

オリエンタルラウンジ神戸の特徴

出典:公式サイト

オリエンタルラウンジ神戸の特徴を紹介します。

特徴

オリエンタルラウンジは20代~30代を対象に、ひとりでも安心して料理やお酒を楽しめるラクジュアリーな空間を提供しています。

専任のシェフが作るオシャレな料理やスィーツが楽しめるので、相席居酒屋では物足りない人におすすめですが、タダ飯目的の女子に当たるとハズレで最悪な時間を過ごすことになります。

基本情報

名称オリエンタルラウンジ神戸
住所〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通1-9-1
コトブキ馳走ビル4階
営業時間17時~5時
電話番号078-599-9278
アクセスJR神戸線三宮駅から徒歩3分
神戸市営地下鉄三宮駅から徒歩3分
阪急神戸三宮駅から徒歩2分
阪神神戸三宮駅から徒歩4分
公式サイトhttps://kobe.oriental-lounge.com/

オリエンタルラウンジは、一流シェフが作る多彩なメニューや高級感が漂う空間を売りにして全国展開している出会いラウンジ。

大人の社交場としてこだわりぬいた内装インテリアが楽しめます。

内容と料金

女性

いつ行っても無料

STEP
入店

相席しなくても飲み放題
アプリ内会員ランクに応じて、一部フード無料や食べ放題のサービスあり

STEP
相席

男性と相席時には食べ飲み放題

男性

単独時:220円

相席時の料金
平日週末
開店~20時500円600円
20時~22時500円600円
22時~24時600円750円
24時~閉店600円750円

※10分単位の料金
※非会員はチャージ料金550円が加算
※シングルチャージは1,100円加算

STEP
入店

相席までは飲み放題の単独料金

1時間待機した場合は1,320円

STEP
相席

女性と相席すると相席料金に切り替わります

別の女性と相席したい場合は、アプリからローテーションボタンをタップ

1時間相席した場合は3,000円~4,500円

オリエンタルラウンジ神戸の口コミ/悪い口コミ、悪評

オリエンタルラウンジ神戸の悪い口コミをいくつか紹介しておきます。

女子の本気度が微妙でした
20代男性

僕らに魅力がなかっただけかもしれませんが・・・。

出典:パーティーコミ

男女の温度感に差があるとシラけますよね。

1人で行ったら店員に笑われた。

その後、週末は1人ではご案内してないと帰された。もう二度と行かないです。

出典:Googleマップ

システムを理解していないと不快な思いをしそうです。

待たされた挙句タダ飯女子だった

待たされた上にタダ飯目当ての女ばかりで、着席すると携帯ばかり触る女性に当たりました。 その上、お店の都合上退席しました。

出典:Googleマップ

システム上、タダ飯目的に当たった時は諦めるしかありません。

オリエンタルラウンジ神戸の悪い口コミまとめ

オリエンタルラウンジ神戸の悪い口コミをまとめます。

  • 女の子の本気度が微妙
  • 1人で行ったら不快な思いをした
  • 待たされた挙句タダ飯女子だった

オリエンタルラウンジ神戸の悪い口コミを分析すると、女性との温度差・タダ飯目的に関しての口コミが最多でした。

オリエンタルラウンジ神戸のデメリット

オリエンタルラウンジ神戸のデメリットをまとめます。

タダ飯目的の女性が多い

タダ飯目的の女性が多いのはオリエンタルラウンジ最大のデメリットですね。

この手の女性と相席してしまうと、温度差を感じながら不愉快な時間を過ごすハメになりそうです。

混雑時は1人で入れない

週末や混雑時は1人で入れないというのもデメリットのひとつ。

週末にこそ素敵な女性と楽しみたいと思っているのに、システム自体がニーズに見合っていなのかもしれません

平日の閑散時はそもそも行きませんって。

利用できる年齢層が狭い

利用できる年齢層がやや狭いのもデメリットですね。

オリエンタルラウンジが利用できる年齢
  • 男性22歳未満、女性20歳未満
  • 40代以上は入店を断られる場合あり

オリエンタルラウンジ神戸の口コミ/良い口コミ

オリエンタルラウンジ神戸の良い口コミをいくつか紹介しておきます。

友達に誘われただけなんですが
20代女性

こういう婚活バーに来ている男性はチャラくて、ふまじめな印象がありましたが、来てた方は紳士的で誠実そうでした。

出典:パーティーコミ

ラグジュアリーな空間に見合う男性がいるようですね。

来ている女性に品があった

似たような相席屋店よりも値段が高い分着てる女性も品がある。どちらかといえばこちらの方が可愛い子やおしゃれな子が多いイメージ。

出典:Googleマップ

オリエンタルラウンジは、相席居酒屋に比べて可愛い子に当たる確率が高いのかもしれません。

コスメやスタバカードがもらえます

無料でご飯食べたりお酒飲めるのはもちろん決まった曜日に行くと、コスメもらえたりスタバカードがもらえたりします。

出典:Googleマップ

女性の割合を増やすために、あの手この手で女の子を集めているようですね。

オリエンタルラウンジ神戸の良い口コミまとめ

オリエンタルラウンジ神戸の良い口コミをまとめます。

  • 紳士淑女が多い
  • 女性はタダ飯できる
  • 女性はいろんな特典がある

オリエンタルラウンジ神戸の良い口コミを分析すると、男女ともレベルが高い・女性はいろいろメリットがあって楽しいという口コミが多い印象。

オリエンタルラウンジ神戸のメリット

オリエンタルラウンジ神戸のメリットをまとめます。

料理がおいしい

オリエンタルラウンジには専属のシェフやパティシエがいるので、オシャレな前菜や豪華なメイン料理、本格的なスイーツが堪能できそうです。

入店前に男女比が分かる

入店前にホームページやスマホで男女比や混雑状況が分かるので、今、行くべきかどうか判断できそうです。

混雑状況

曜日

  • 月~木:比較的空いている
  • 曜日:かなり混んでいる
  • 土・日:混んでいる

時間

  • 開店~20時:比較的空いている
  • 20時~24時:かなり混んでいる
  • 24時~閉店:混んでいる

女性はタダでご飯

女性のみのメリットですが、男性と相席することでオシャレな料理をタダ飯できそうです。

ご飯の他に、コスメやスタバカードがもらえるので、ちょっとした副業感覚なのかもしれません。

オリエンタルラウンジ神戸の口コミ/効率的な使い方

オリエンタルラウンジ神戸の効率的な使い方を紹介しておきます。

システムを理解して場を楽しむ

オリエンタルラウンジは1時間相席しただけで3,000円~4,500円かかって決してコスパは高いといえませんが、どんな異性と出会えるのかワクワクしながら待機するのが相席ラウンジの魅力

いわば場を楽しむための料金設定ですが、初回で好みの異性とマッチングできなかったとガッカリする人が多いのが現実。

オリエンタルラウンジは出会いの場を提供しているにすぎません。

同時刻に異性が居合わせれば何回か相席できますが、タダ飯目的の全員ハズレという回も珍しくありません。

おいしい料理を食べながら「次はどんな異性と相席できるのか」と、場の雰囲気を楽しめる人ならオリエンタルラウンジは楽しめる場になると思います。

オリエンタルラウンジ神戸の口コミ/会社情報

オリエンタルラウンジ神戸を運営する株式会社クラウドエヌについてまとめておきます。

社名株式会社クラウドエヌ
住所〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13-11
KN渋谷1ビル9階
責任者西山喜洋
電話番号03-6273-1336
メールアドレス問合せはこちらから
事業内容飲食店経営、経営コンサルティング
設立2013年6月

【関連記事】
神戸のマッチングアプリ
神戸の出会い場

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

神戸の遊び場を紹介する生まれも育ちも神戸の神戸っ子。兵庫区で生まれ垂水区で育ちました。

出会いがなく、結婚相談所やマッチングアプリや街コンなどいろいろ試したので情報を共有します。

釣り・アウトドア全般、立ち飲み屋巡りが趣味なので、地元の魅力をあわせて発信していきます。

目次