神戸でおすすめのマッチングアプリはこちら

神戸のインカレで出会いがあるおすすめサークルを紹介します

神戸 インカレサークル おすすめ
  • URLをコピーしました!

大学に入って恋人を作ろうと思っていたのに、学内で出会いがなくガッカリしていませんか?

そんな時におすすめなのが、いろんな大学の学生が参加できるインカレですが、どのサークルに入ればいいのか分からないというサークル難民は多いと思います。

そこで今回は、神戸でおすすめのインカレサークルを紹介します。

この記事を読めば、神戸で活動中のインカレの特徴や参加できる大学名、飲み会の有無や男女比が分かります。

インカレに参加できるのは大学生だけなので、しっかり青春を謳歌してくださいね。

目次

神戸のインカレサークルの選び方

インカレサークルとは、複数の大学の学生で構成されるインターカレッジサークルの略で、他大学生と交流できるの貴重な出会いの場ですよね?

神戸市内には20近い大学がありますが、インカレサークルを運営しているのは神戸大学・甲南大学・神戸市立看護大学の3大学のみ。

大学は絞れましたが、どういう基準で選んだらよいのか紹介しておきます。

インカレの目的

まずは、どんな目的でインカレが運営されているのか知っておくべき。

他校との交流や遊びが目的なら出会える確率は格段にあがりますが、ボランティア活動や情報共有が目的のお堅いインカレは趣旨が違います。

インカレの目的
  • 他大学との交流
  • ボランティア・社会貢献
  • 就職のための情報共有

出会い・ナンパ禁止という超お堅いインカレサークルもあるので注意してください。

男女比

インカレの男女比も選ぶ際の重要なポイントですね。

同じ大学構内で彼氏・彼女の関係になるよりも、後腐れなく付き合えるので男女がくっつく割合が高いので慎重に吟味すべきかと思います。

他校との交流や遊び目的のインカレは男女比が1:1になるよう工夫されていますが、特定の趣味サークルや学術系のお堅いサークルはどちらかに偏る傾向にあります

あえて女性(男性)が多いインカレに飛び込むのもいいですが、意外と肩身の狭い思いをするので私はおすすめできません。

参加できる大学かどうか

神戸のインカレの多くが、関西にある大学などザックリとした基準を設けていますが、あなたが在籍している大学が参加できるかどうかを事前に把握しておくべきですね。

神戸で出会いがあるインカレおすすめ

神戸で出会いがあるおすすめのインカレサークルをいくつか紹介します。

WAT’er:高校生の悩みを解決するためのサークル

出典:公式サイト

神戸大学の学生が主催するWAT’erは、大学生の今を伝える活動をするインカレサークル。

すべての人が自分らしく咲き誇れる社会を目指すのがモットーで、進学に悩んでいる高校生に向けて情報を発信し続けています。

特徴
  • 高校生に向けて「生」の大学情報を届ける活動
  • 高校や教育団体とのコラボ企画あり
  • 月1回オフライン交流あり
参加可能な大学

神戸大学・京都大学・大阪大学・同志社大学・立命館大学

飲み会でワイワイやるというよりも、高校生向けの企画を通じて楽しめそうなインカレですね。

男女比
女性
男性
用途
友活向け
恋活向け
年会費
安い
1
無料
2
1,000円
3
2,000円
4
3,000円
5
4,000円以上
高い

やや女子率が高いので素敵な出会いが待ってそうです。

WAT’er公式サイトはこちら>>

イドミィ学生チーム:子ども向けのボランティアインカレ

出典:公式サイト

神戸大学の学生が主催するイドミィ学生チームは、こどものやりたいことを叶えるためのインカレサークル。

子ども向けの日帰りキャンプや小学校フェスティバルを企画しているようです。

特徴
  • こどもを対象としたイベントの運営企画
  • 大学生以外も参加可能
参加可能な大学

神戸大学・神戸市立外国語大学・立命館大学・兵庫県立大学・神戸市立看護大学

大学生だけでなく、高校生や社会人が参加できるサークルなので、いろんな年代の男女と出会えそうです

飲み会でワイワイやるというよりも、子供向けの企画を通じて楽しめそうなインカレです。

男女比
女性
男性
用途
友活向け
恋活向け
年会費
安い
1
無料
2
1,000円
3
2,000円
4
3,000円
5
4,000円以上
高い

関西圏のニュースでも何度か取り上げらましたね。

イドミィ公式サイトはこちら>>

日本模擬国連神戸研究会:模擬国連を楽しむインカレ

出典:公式サイト

神戸大学の学生らが主催する日本模擬国連神戸研究会は、模擬国連をするインカレでメンバーは50人近い大所帯。

ひとつの家族となるようにというAt ho MUNをモットーに、多種多様な人とふれあう活動を行っています。

特徴
  • 模擬国連を楽しむインカレ
参加可能な大学

神戸大学・大阪大学・神戸市外国語大学・関西学院大学・近畿大学・関西大学

活動場所は神戸市内ではなく、西宮市のプレラにしのみやで行われているようです。

模擬国連を行うための会場を借りるため年会費は8,000円とやや高め。

男女比
女性
男性
用途
友活向け
恋活向け
年会費
安い
1
無料
2
1,000円
3
2,000円
4
3,000円
5
4,000円以上
高い

日本模擬国連神戸研究会公式サイトはこちら>>

神戸キャリア支援サークルSB:税や投資を学ぶインカレ

神戸大学の学生が主催する神戸キャリア支援サークルSBは、人生の選択肢を広げるをモットーに社会に出て役立つ知識やスキルを学びあうインカレ。

メンバーは100名以上で、神戸市内にあるインカレの中では最大級

週に1回zoomで勉強会を開いて、社会人になると必要になる保険や税金・投資など実践的な内容を学びあっています。

特徴
  • 保険や税金・投資などの勉強会を行うインカレ
参加可能な大学

神戸大学・兵庫県立大学・神戸市外国語大学

男女比
女性
男性
用途
友活向け
恋活向け
年会費
安い
1
無料
2
1,000円
3
2,000円
4
3,000円
5
4,000円
高い

面白そうなインカレですが、参加可能な大学数はやや少なめ。

また、定期的な飲み会はなく、お酒を強要される場面もないようですね。

神戸キャリア支援サークルSB公式サイトはこちら>>

神戸大学ポーカーサークルkobet:ポーカーを楽しむインカレ

神戸大学の学生が主催するポーカーサークルkobetは、みんなでポーカーを楽しくプレイすることをモットーに活動しています。

2016年に設立されたばかりのインカレですが、ポーカーの学生大会や日本選手権などに参加しているようです。

特徴
  • ポーカーを楽しむためのインカレ
参加可能な大学

神戸大学・京都大学

出典:公式サイト

男女比
女性
男性
用途
友活向け
恋活向け
年会費
安い
1
無料
2
1,000円
3
2,000円
4
3,000円
5
4,000円以上
高い

会費は3000円とやや高めですが、賞品としてAmazonギフト券などが当たるようです。

神戸大学ポーカーサークルkobet公式サイトはこちら>>

KYAS(キャス):障害者との交流を目的とするインカレ

出典:公式サイト

神戸市看護大学の学生らが主催するKAYS(キャス)は、ボランティア活動を主に行うインカレサークル。

障がい者手帳を持っている人向けの作業所運営やリサイクルショップ兼チャリティーショップ太陽を西区の大塚台で運営しています

神戸青少年支援協会を意味するKOBE YOUTH ASSISTANCE SOCIETYの頭文字をとってKYAS(キャス)

特徴
  • 障がい者へのボランティア活動を行うインカレ
参加可能な大学

神戸市看護大学・神戸女子大学・甲南女子大学・神戸大学・兵庫県立大学・兵庫医療大学

男女比
女性
男性
用途
友活向け
恋活向け
会費
安い
1
無料
2
3
4
5
高い

キャンプやスキー・スノボなど1年を通じてイベントがあるので、ボランティアをしつつイベントを楽しみたい人にぴったりのインカレですよね。

出典:公式サイト

名称チャリティーショップ 太陽の家
住所〒651-2135 兵庫県神戸市西区王塚台5丁目3012
電話番号078-920-9959
受付時間9時30分~15時
定休日土曜日・日曜日
公式サイトhttp://kyas-for-charity.com/

神戸のインカレサークルまとめ

最後に要点をまとめておきます。

まとめ
  • 神戸大学・甲南大学・神戸市看護大学にインカレあり
  • 参加できる大学数は少なめ
  • ボランティアや勉強会を行うインカレが多い

2022年現在、活動しているインカレをいくつか紹介しましたが、5年以上活動実績があるインカレは少ないという印象を受けました。

インカレの情報については引き続き調査しますが、関東の大学に多いチャラチャラしたインカレは神戸で見つかりませんでした。

インカレサークルよりもマッチングアプリで彼氏・彼女を探す方が効率が良さそうですね。

今すぐ真剣な恋を始めよう!

【関連記事】
神戸の遊び場大人

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

神戸の遊び場を紹介する生まれも育ちも神戸の神戸っ子。兵庫区で生まれ垂水区で育ちました。

出会いがなく、結婚相談所やマッチングアプリや街コンなどいろいろ試したので情報を共有します。

釣り・アウトドア全般、立ち飲み屋巡りが趣味なので、地元の魅力をあわせて発信していきます。

目次